Skip to main content
Category

イベント

イベント

アースオーバーシュートディに エクアドルが世界に行動呼びかけ

2022年7月28日、エクアドル環境・水資源・エコロジー移行省は、アースオーバーシュートディ特別イベントを開催しました。イベントには、エクアドルのグスタボ・マンリケ環境大臣、ルイス・バヤス・バルディビエソ外務省副大臣、エコロジカル・フットプリント開発者のひとりであるマティス・ワケナゲル博士(グローバル・フットプリント・ネットワーク)が登壇しました。また、コロンビア、英国、フランス、コンゴ、パナマの大臣や大使からビデオメッセージが寄せられました。JTNDaWZyYW1lJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ3d3cuZmFjZWJvb2suY29tJTJGcGx1Z2lucyUyRnZpZGVvLnBocCUzRmhyZWYlM0RodHRwcyUyNTNBJTI1MkYlMjUyRnd3dy5mYWNlYm9vay5jb20lMjUyRkFtYmllbnRlRWMlMjUyRnZpZGVvcyUyNTJGNTYzNDIzNzA4NjExNzU0JTI1MkYlMjZzaG93X3RleHQlM0QwJTI2d2lkdGglM0Q1NjAlMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjU2MCUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjMxNSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyJTNBbm9uZSUzQm92ZXJmbG93JTNBaGlkZGVuJTIyJTIwc2Nyb2xsaW5nJTNEJTIybm8lMjIlMjBmcmFtZWJvcmRlciUzRCUyMjAlMjIlMjBhbGxvd2Z1bGxzY3JlZW4lM0QlMjJ0cnVlJTIyJTIwYWxsb3clM0QlMjJhdXRvcGxheSUzQiUyMGNsaXBib2FyZC13cml0ZSUzQiUyMGVuY3J5cHRlZC1tZWRpYSUzQiUyMHBpY3R1cmUtaW4tcGljdHVyZSUzQiUyMHdlYi1zaGFyZSUyMiUyMGFsbG93RnVsbFNjcmVlbiUzRCUyMnRydWUlMjIlM0UlM0MlMkZpZnJhbWUlM0U=マンリケ環境大臣は、「アースオーバーシュートディは、現在の生産と消費のシステムが、地球に住み続けるという意思に適合していないことを示すものです。自然資源をよりよく保全し、人間の自然への需要を管理するためには、持続可能性と再生に基づく新しい開発モデルをめざした具体的な共同行動が必要です。エクアドルから世界に向けて、この大義にコミットすることを呼びかけます。」と訴えました。 ワケナゲル氏は、「資源の確保は、経済力を左右する重要な要素になりつつあります。誰かが先に行動するのを待つメリットはありません。むしろ、気候変動や資源の制約がすすむ未来は避けがたく、率先して資源を適切に管理する能力を高めることが、すべての企業、都市、国の利益となるはずです。」と述べました。 エクアドルでは、2008年には自然の権利を明記した憲法が国民投票で承認されました。また、自国の自然資源と消費行動のバランスを測る指標として、エコロジカル・フットプリント分析を取り入れました。エクアドルは、ガラパゴス諸島やアマゾン熱帯雨林など世界有数の豊かな生物多様性のもと、かつては十分な生物生産力(バイオキャパシティ)があり、自国の消費や廃棄吸収に必要な量を十分上回っていました。しかし、人口増にともなう持続可能でない開発や森林破壊、原材料輸出に依存した経済によって、バイオキャパシティが赤字に近づきました(下図参照)。そのため、バイオキャパシティを赤字にしない計画を立案したのです。また、もし世界の人々がエクアドルと同じ暮らしをしたら、地球1.08個分(2018年)であり、ほぼ地球1個分の暮らしです。 グローバル・フットプリント・ネットワーク プレスリリース エクアドル ケーススタディ エコロジカル・フットプリント・データベース ※ヘッダー写真 © Global Footprint Network
August 5, 2022
イベント

AGC株式会社・社内セミナー 「エコロジカル・フットプリント開発の経緯とビジネスへの応用」にて講演

2022年6月27日(月)、AGC株式会社の社内セミナー:「エコロジカル・フットプリント開発の経緯とビジネスへの応用」にて、EFJ会長の和田喜彦(同志社大学経済学部教授)、同理事の伊波克典(グローバル・フットプリント・ネットワーク研究員)がオンライン講演をおこないました。 本講演は、AGCグループのCNA活動(Cross-divisional Network Activity:部門横断的ネットワーク活動)の一環として実施。エコロジカル・フットプリントが、企業価値の再構築(リブランディング)をエンパワーするツールとなり得るのかを検討する場となりました。 講演の前半部分では和田が、エコロジカル・フットプリント誕生と開発の経緯をたどりつつ、『生物多様性の経済学:ダスグプタレビュー』(2021年)に象徴されるように、エコロジカル・フットプリントの概念が世界的に再認識されつつある背景を説明。後半部分では伊波から、日本におけるエコロジカル・フットプリント分析の活用事例や、近年注目を集めているナッジを効かせた「デザイン的アプローチ」をエコロジカル・フットプリント削減へ応用する可能性について紹介しました。 エコロジカル・フットプリント指標が開発されてから30年。その間、サスティナビリティ(持続可能性)に対する人々の捉え方は大きく変化しています。EFJは今後も、多くの関係者と対話を重ね、具体的な解決策を共に考えていくために務めてまいります。 AGC株式会社ホームページ「サステナビリティ」
July 10, 2022
empty seatsイベント

産総研×DBJ共催シンポ 「地球1個分の資源で生きる」 にてEFJ会長の和田が基調講演

2022年3月4日、(株)日本政策投資銀行(DBJ)グループおよび(国研)産業技術総合研究所(産総研)共催のオンラインシンポジウム:「地球1個分の資源で生きる~持続可能な社会のための新しい資源循環技術~」にて、EFJ会長の和田喜彦(同志社大学経済学部教授)が基調講演をおこないました。 本シンポジウムは、人間も経済も自然の一部として存在しているという世界観に立脚しつつ自然生態系の価値を組み込む新しい経済学を紹介するとともに、最先端の資源循環利用技術を共有して循環経済への道筋を探るもので、約400人の参加がありました。 和田からは、「地球生態系とのバランス指標としてのエコロジカル・フットプリント~ダスグプタ・レビューの示す未来」として、経済学のパラダイムシフトともいえるレビューの概要と、エコロジカル・フットプリント分析について紹介しました。 パネリストからは、「地球1個分の資源で暮らすことを、もはや避けて通ることはできない」「サステナビリティの指標として、エコロジカル・フットプリントがこれからのキーワードになる」といったお話がありました。 さらに、循環型社会にむけて、新たな課題を各分野の知見を集めて解決していくことの必要性を共有しました。 EFJは今後も、さまざまな分野でエコロジカル・フットプリントの理解が深まり、持続可能な生産と消費に貢献できるよう務めてまいります。 日本経済研究所・「産総研×DBJグループ共催シンポジウムのご案内」 日本経済研究所・日経研7月号「特集」  
June 9, 2022